サイトへ戻る

動画翻訳を始めました

これまでもドキュメンタリー、ショートフィルム、広報用動画などのテロップ・字幕翻訳のご依頼をいただいてきましたが、正式に翻訳分野として動画翻訳を始めることにしました。

動画翻訳には字幕翻訳と音声翻訳とがありますが、音声翻訳は吹き替えになりますので守備範囲外となりますので、弊社が提供するのは字幕翻訳のほうです。

動画を翻訳するとアクセスが増える

日本語で動画を出しても何もしなければ通常視聴者は日本語がわかる人にのみになります。これは非常にもっとないないと言えるでしょう。

実際日本のテレビでも取り上げられたことがある中国のインフルエンサー「約立たずエジソン」こと「手工耿」さんは、中国国内で人気になった動画をYoutubeに投稿した当初、中国語オンリーだったので視聴数は限定的だったが、タイトル、字幕とも英語に翻訳するようになるとみるみるアクセスが増え、英語のコメントもたくさんつくようになりました。

動画翻訳は人力翻訳がおすすめ

動画を多言語で提供したいと思ったときに、真っ先に思いつくのがYoutubeの自動翻訳機能でしょう。(字幕翻訳を動画投稿者が許可した場合)動画下部の歯車ボタンをクリックすると自動翻訳が選べます。ただ、英語の動画を自動翻訳で鑑賞した経験からいうと、これは精度が低く、あまり役に立ちません。

まず自動翻訳自体正確さに欠けるものですし、Youtubeのそれは動画内の発話を聞き取り自動翻訳しているので、聞き取りの部分でも完璧ではないようなので、輪にかけて不正確さが目立ちます。

やはりグローバルの視聴者に動画の内容を楽しんでもらうには、人力に正確な翻訳が不可欠です。

動画翻訳では適切な長さに収めることが重要

映画の字幕版を鑑賞すると気がつくと思いますが、字幕では端折った表現がよく使われます。これは英語のすべての意味を翻訳する字幕が長くなり、視聴者の理解が追いつかないからです。短い動画でもそれは同じで、日本語の動画を英語に翻訳するとき、やはり内容を全部翻訳すると長くなってしまいます。そのため読みやすさを重視した翻訳が必要になります。

具体的には言っていることを端的に要約したり、言い回しを変えたりするなどの工夫が必要になるということです。ただしこれもやりすぎると、動画の中では喋りっぱなしのなのに字幕がまったく動かないという不自然な現象に繋がりますので、ここらへんのさじ加減が非常に大事だと思います。

人力翻訳は費用が高い

無料の自動翻訳に比べて弊社が提供する人力翻訳は当然費用がかかります。それも文字単位なので、内容が多いほど料金が高くなりますが、世界に訴求することによって得られるメリットと天秤にかけて、ご判断いただければと思います。

これまでいただいたいご依頼は10分以内の動画が多いですが、大体3万〜8万円程度です。

ぜひご検討ください。

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK